格闘技や食のコントロールなどで体と心の健康生活

生涯現役を目標に楽しく健康的に活きる日々のお話。

MMA,キックボクシング,グラップリング,食のコントロール等

7月1日(土曜)

朝食後に薄皮饅頭をつまみに日本酒(写真)。写真以外にヨーグルト(甘くなく、脂肪ゼロ)、リンゴも加え自分を解放。

グランドスラムTジムにて
グラップリング
タックルの解説を聴き練習、グラップリングのマススパーリングには1ラウンド参加。写真は警備会社に勤務する人(黒シャツ)とIR(緑のシャツ)のマススパーリング。技の応酬が高度過ぎて展開が読めない。

7月2日(日曜)
グランドスラムYジムにて
MMA:総合格闘技
ミットを使ってパンチ・キックのコンビネーション練習、腕十字からの逃げ方の解説を聴き練習、MMAのマススパーリング(1ラウンド参加)。写真はマススパー例。こちらに背を向けてる灰色シャツの人は、社労士事務所を開いてる。

彼の人柄の良さは、行動を通じて伝わって来る。ジムに通って来る人には、医者や弁護士もいるらしい。個々の職業についてほとんど知らないが、時々キックボクシングや柔術のマススパーの相手をしてくれる警察官が2人いる。
7月3日(月曜)
グランドスラムYジムにて
キックボクシング
いつもは参加者同士交代でミット打ちと受けをやるが、月曜YジムのIRはほぼ常にミットを持つよと声をかけてくれるのでミット打ちのみ。写真は、緑のパンツの大学生のパンチ・キックを白シャツのIRが受けてくれてる様子。

今回はキックボクシングのマススパーリング3ラウンドとボクシングのマススパーリングを1ラウンド。写真はキックボクングのマススパーリング例。

写真の赤いグローブの彼のパンチ・キックは重い。ただでかいだけじゃなさそうなので、経験を質問したら柔道という回答。ジムには女性を含め色んな怪物がいる。怪物ではないが、キックボクシングが上手く英語の堪能なハンサムな青年もいる。ジムはJR横浜駅を出て繁華街を抜けたところにある。途中大勢の男女が楽しそうに酒を飲んでるが、ジムで汗を流すほうが刺激的で面白い。

7月4日(火曜)
グランドスラムKジムにて
キックボクシング
ミット打ちと受け、キックボクシングのマススパーリング(4ラウンド参加)。写真はキックボクシングのマススパー例で、撮影時気づかなかったが左の人が右の人にジャブを当てられた直後のように見える。

次の写真は、左の人がMMAかなにかでカニバサミをくらって左脚アキレス腱を痛めたので、ボクシングのマススパーをしてるようす。左の人の右オーバーフックカウンターが当たってるように見える。

食での機能的な体づくり
7月1日朝食前体重は、67.60kg。7月1~4日の平均摂取カロリーは約2710kcal/日、たんぱく質平均摂取量約97g/日、脂質平均摂取量約50g/日、炭水化物平均摂取量約440g/日。7月5日朝食前体重は67.40kg、BMI22.9。
以下アフィリエイト広告

 

アフィリエイト広告,イサミ,パウンドグローブ,ヤフーショッピング 

 

アフィリエイト広告,イサミ,16オンスグローブ,ヤフーショッピング

 

アフィリエイト広告,イサミ,レガース,ヤフーショッピング

 

アフィリエイト広告,ファールカップ,ヤフーショッピング

 

アフィリエイト広告,グラップリングウェア,ヤフーショッピング